作品概要

誕生》は、画家のジャクソン・ポロックによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

■ 時代背景
1941年頃

■ 作品の構成・技術
初期ならではの特質ともいえる、ピカソやネイティブ・アメリカンの芸術、メキシコ壁画などの面影を点滅させた表現がみられる。

■ 作品にまつわるエピソード
1942年、NYで開かれた「アメリカとフランスの絵画」展に出展した作品。
フランスからはマティス、ピカソ、ブラックなど、そうそうたる顔ぶれが出品していた。
それら現代の巨匠たちと初めて肩を並べて展示を行ったポロックは、大きな刺激を受け、
彼の仕事は次のステージへと移ってゆく。

■ 体験・感想
確かに、顔や色合いにおいてトーテムポールっぽい感じもうけます。
後ろの赤は炎でしょうか。カオスな感じがしますが、なんか気になる作品です。

《誕生》の基本情報

  • 制作者:ジャクソン・ポロック
  • 作品名:誕生
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部