作品概要

レダと白鳥》は、画家のレオナルド・ダ・ヴィンチによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

■ 時代背景
16世紀 ローマ

■ 作品の構成・技術
中央にいる女性は、スパルタ王テュンダレオースの妻である「レダ」。
そして向かって右にいるのが白鳥に変身した、ギリシア神話の主神ゼウスだ。
画面左側にいる子供たちは大きな卵から生まれたばかりの双子である。
模写とはいえ、レダの表情にはレオナルド特有のモナリザっぽい表情が伺える。

■ 作品にまつわるエピソード
ダヴィンチが描いたオリジナルの『レダと白鳥』は現存しておらず、意図的に破棄されたと考えられている。
現在はそれを模写したものが9点ばかり残っているのみである。

 

 

《レダと白鳥》の基本情報

  • 制作者:レオナルド・ダ・ヴィンチ
  • 作品名:レダと白鳥
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部