作品概要

ノラム城、日の出》は、画家のジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

■ 時代背景

この絵が描かれたのは1835年〜40年頃。
一見して分かる様に、風景を写実的に捉えるのではなく、光や大気を表現しようとした作品です。印象派に先駆けること半世紀も前に、この域に達していたターナー、凄いと思いませんか?

■ 作品の構成・技術

この当時の油絵は、茶系でまず地塗りをして、重厚さや色合いに深みを与えるのが常識でした。ターナーは、白で地塗りをして全体のトーンを高める方法を初めて確立しました。その効果の程は、この絵を見れば一目瞭然ですよね。
また、使用する色の数も意識的に減らし、青、黄、赤のバリエーションに限定することで、ディテールではなく、朝の空気の表現にフォーカスしようと試みています。

■ 作品にまつわるエピソード

この早すぎた傑作は、未だ旧態然としたアカデミックな絵画が主流だった当時は、評価されるどころか、批判の的となりました。しかし後年、この絵を見たモネが感銘を受け、印象派の代名詞ともいえる「印象-日の出」に多大な影響を及ぼしたと云われています。

《ノラム城、日の出》の基本情報

  • 制作者:ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー
  • 作品名:ノラム城、日の出
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部