作品概要

プリマヴェーラ》は、画家のサンドロ・ボッティチェリによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

■ 時代背景

1482年頃に描かれた。

■ 作品の構成・技術

ボッティチェルリの本作品は、ルネサンス期における肖像研究、表現形式の古典的様式の研究対象として深い意味をなしている。

描かれた古代の神々は、等身大で半裸であり、異なる信仰を調和・調整する試み(シンクレティズム)やルネサンス期文学への理解を求められるものとなっている。

ルネサンス期の肖像絵画としては、繊弱であり、理想化された対象という特徴は、その後到来するマニエリスムを示唆している。

■ 作品にまつわるエピソード

中央は、ヴィーナス(アプロディテ)だが、『ヴィーナスの誕生』に比して、その姿は、衣装を身に着け、慎み深い姿。
これは、理想的な「人間性」を著しているともいう。

《プリマヴェーラ》の基本情報

  • 制作者:サンドロ・ボッティチェリ
  • 作品名:プリマヴェーラ
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部