作品概要

ロシアとロバとその他のものに》は、画家のマルク・シャガールによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

■ 時代背景

シャガールのパリ時代における最初期の作品のひとつです。

■ 作品の構成・技術

フォーヴィスムやキュビスムの影響を受けた作品といわれています。色彩の画家ともいわれるシャガールですが、この作品では、特に印象的です。

■ 作品にまつわるエピソード

暗闇から浮き上がる一頭の雌牛と頭が体から離れた農婦(イディッシュ語とロシア語で、夢想に動かされるがままの人物を「頭が飛び立っている」という)、教会などのモティーフは、ロシアへの郷愁に満ちています。こうした故郷のイメージは、後までシャガールの作品に繰り返し登場することになります。

■ 体験・感想

この絵は2010年に芸大で開催されたシャガール展での目玉展示作品で、人だかりの中、とても近い距離で黒とその他の鮮やかな色が交わる部分を眺めていました。

《ロシアとロバとその他のものに》の基本情報

  • 制作者:マルク・シャガール
  • 作品名:ロシアとロバとその他のものに
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部