作品概要

われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

■ 時代背景

19世紀頃のヨーロッパでは肖像画を描くことが一つのステイタスであった。肖像画では、対象を正確に描写することが重要で、遠近法などの技法が工夫された。肖像画は大きな需要があったため産業として確立し、学校も多く設立され、技術さえ学べればそこそこの絵が描けるようになっていた。

■ 作品のエピソード

貧困と病苦、妻との不仲と、人生に絶望し、死を決意したゴーギャンが遺書代わりに残した作品。

■ 作品に概要

絵画の右から左へと描かれている3つの人物群像がこの作品の題名を表しています。

<われわれはどこから来たのか>
画面右側の子供と共に描かれている3人の人物は人生の始まりを。

<われわれは何者か>
中央の人物たちは成年期をそれぞれ意味し、

<われわれはどこへ行くのか>
左側の人物たちは「死を迎えることを甘んじ、諦めている老女」であり、老女の足もとには「奇妙な白い鳥が、言葉がいかに無力なものであるかということを物語っている」とゴーギャン自身が書き残しています。

この作品についてゴーギャンは「これは今まで私が描いてきた絵画を凌ぐものではないかもしれない。だが私にはこれ以上の作品は描くことはできず、好きな作品と言ってもいい」と言っています。

《われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか》の基本情報

  • 制作者:ポール・ゴーギャン
  • 作品名:われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部