作品概要

アモールとブシュケ》は、画家のアントニオ・カノーヴァによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

愛の神アモールと、絶世の美女プシュケを描いた作品です。

新古典主義の画家アントニオ・カノーヴァの作品と思われるものの、その知り合いのガスパーレ・ランディの作品である可能性も考えられるそうな。

ルーブル美術館所蔵の大理石像に着想を得て描かれたもので、ダイナミックな構図と滑らかな人体表現で、理想化された美しさを表現しています。

《アモールとブシュケ》の基本情報

  • 制作者:アントニオ・カノーヴァ
  • 作品名:アモールとブシュケ
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部