作品概要

幼児虐殺》は、画家のピーデル・パウル・ルーベンスによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

ルーベンスの最高傑作の1つと言われています。

幼児虐殺とは、新しい王(イエス・キリストのこと)がベツレヘムに生まれたと聞いて怯えたユダヤの支配者ヘロデ大王がベツレヘムで2歳以下の男児を全て殺害させたとされる出来事を指します。

キリスト教をめぐる残酷性もしくは悪趣味性の一端を示すかのような作品です。

《幼児虐殺》の基本情報

  • 制作者:ピーデル・パウル・ルーベンス
  • 作品名:幼児虐殺
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部