作品概要

イカルスの墜落》は、画家のマルク・シャガールによって描かれた作品。制作年は1975年から1975年で、ポンピドゥー・センターに所蔵されている。

『イカルスの墜落』は、1975年にマルク・シャガールの最晩年に描かれた作品である。イカルスの神話は、過去に芸術や文学に画家、詩人によって何度もテーマとして扱われているギリシア神話である。

イカルスはよく知られているギリシア神話の対象としてヨーロッパの画家の間で非常に人気があった。独自の方法でイカルスの物語を解釈し、作成者自身のメッセージや意味を追加している本作は『イカルスの神話』の面白い表現である。それは独特な色の組み合わせで表現し、中央に焦点をあて、イカルスの墜落の異なる側面を説明している。

シャガールのスタイルである明るく淡い色の使用は、絵に命を与えている。空を描くタッチは落下するイカルスを強調し、地上の大観衆は注意深く、イカルスを観察している。イカルスは暗い黒の翼を持ち、黒は死を表すので、翼は彼の運命づけられた死を具現化しているように見える。そしてこの作品はイカルスの体と同じ高さの視点で描かれており、それは明らかに一緒に飛んでいたイカルスの父であるダイダロスからの視点であるように思われる。

物語はイカルスとダイダロスという親子が幽閉されたいた塔を脱出するために空を飛ぶ計画を立てる。蝋から作られた美しい翼を背負い、イカルスは飛び立ち、彼は空高く上昇した。彼の父親は蝋が溶けるので彼に何度も太陽に近づきすぎないように警告したが、イカルスは、その警告を無視し、まっすぐに太陽の明るい光に向かった。熱は、翼の蝋を溶かし、実際の神話ではイカルスはエーゲ海に落ちるが本作では画面下に赤い川が描かれている。

その周りには画家自身の故郷であるヴィテブスクのユダヤ人地区の風景が描かれ、戦争で他国へ亡命を余儀なくされた人生が最晩年には故郷の大地に落ちていくというメッセージを伝えているようにも見え、独自の方法で伝統的なイカルスの物語を解釈し、作成者自身のメッセージや意味を追加している作品である。

《イカルスの墜落》の基本情報

  • 制作者:マルク・シャガール
  • 作品名:イカルスの墜落
  • 制作年:1975年-1975年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ポンピドゥー・センター
  • 種類:油彩
  • 高さ:198cm
  • 横幅:213cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部