作品概要

727-727》は、画家の村上隆によって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

スーパーフラット

村上隆(1963年-)は、斬新なテーマ設定、型破りな制作アプローチで1990年代初頭からアート界をかき回してきた。彼はマスメディアやポップカルチャーの人気テーマを巨大な彫刻にし、フィギュアや携帯電話ケースといった商品にもしてマスコミを賑わせている。村上は“スーパーフラット”と呼ばれる絵画も描いている。スーパーフラットとは二次元的な絵画空間と大胆な余白を特徴に持つ。こうした特徴は村上に始まったものではなく、日本の美術“ファイン・アート”からマンガ“ポップアート”まで綿々と横たわる日本的芸術の特徴として、海外に売り出すパッケージにもなっている。

フュージョン

『727-727』は、日本のアニメやマンガ、それらに異常な興味を示す“オタク”の文化が幅広い人気を集めていることに呼応して描かれた作品である。村上にとってオタク文化を強調することは現代の日本の生活を表現することである。文化と流行を混ぜ合わせ、面白味を失わず、敷居は低くしたままで、東洋と西洋、過去と現在、ハイ・アートとロウ・アートの境界を曖昧にしているのが村上作品の特徴だ。それが現代日本の漫画と伝統ある日本画を統合する村上流のやりかたなのである。

《727-727》の基本情報

  • 制作者:村上隆
  • 作品名:727-727
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部