作品概要

放蕩息子の帰還》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1660年から1660年で、エルミタージュ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「放蕩息子の帰還」はレンブラントの油絵作品である。これは1669年の彼の死のおそらく2年以内に完成された作品で、オランダの巨匠レンブラントの最後の方の作品である。聖書に出てくる寓話の中の一場面、放蕩息子が父親のところへ帰ってくるシーンを描いている。

美術史研究家ケネス・クラークは、レニングラードで実物を見た人は、今までに描かれたことがない素晴らしい絵画だと感嘆するであろう、と述べている。この発言によってもこの絵画は有名だ。絵の中で、遺産を使い果たして貧窮と絶望の果てに追い込まれた放蕩息子が惨めな姿をして帰宅している。息子は父親の前に膝まづき、家族の一員に戻れるよう許しを乞うている。

今や、父親の召使いさえもが彼よりもましな生活を送っていることに気付いたのだ。父親は、暖かく迎え入れている。迎え入れている手は、父親的でもあり母親的でもある。左手はやや大きく男らしく、右手は柔らかで受け身的な様子がうかがえる。右側に立っているのは年上の兄で、審判のしるしに手を交差している。

寓話上では、彼は父親の罪深い息子に対するあわれみに反対している。

『しかし彼は父親に対してこう答えた:「見よ、長年あなたに仕えてきた、あなたの命令に背いたこともなかった。しかしあなたはヤギ1匹くれやしない。ヤギがもらえたら友人達とお祝いできるかもしれないのに。しかし今あなたは、あなたの財産を娼婦のために使い果たして帰ってきた息子のために、太った子牛を1頭殺すのですね。」』ルカ伝15:29-30.

父親は釈明した:「しかし祝うに値するじゃないか、嬉しくもあるぞ、何しろお前の弟、弟がだよ、死んだと思ってたのに生きて帰ってきたんだからな!行方不明だったのに、帰ってきたんだぞ!」ルカ伝15:32 

レンブラントはこの寓話に深く感銘を受け、様々な形態で絵を描いた。他の登場人物としてはもう1人の年長の兄、彼らの母親、財産管理の男が描かれている。

《放蕩息子の帰還》の基本情報

  • 画家レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名放蕩息子の帰還
  • 制作年1660年-1665年
  • 製作国不明
  • 所蔵エルミタージュ美術館 (ロシア)
  • 種類カンヴァス、油彩
  • 高さ262cm
  • 横幅206cm
  • 編集情報

  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者